大阪府 - 斎場工房

大阪府には葬儀社が多くあるので選びやすい

大阪府と言えば、日本の5大都市のひとつですね。人口も多く、活気があり、いつも明るく賑わっているイメージです。様々な商業施設やお店があり、サービスも充実しています。充実しているのは葬儀社も同じです。葬儀社もどこにしようか比較できるほど選択肢があります。

そのため、どのような形式で、どのような規模で、どのようなしきたりで行いたいかなど、細かく要望を聞き入れてもらえるでしょう。きちんと教育されたプロのサービススタッフが何かと忙しい遺族の方をしっかりとサポートしてくれるので、安心して故人を見送ることができるでしょう。

弔問客の方々に失礼のないようにその都度その都度アドバイスや提案を頂けるのも嬉しいですね。人口が多く、会社を選ぶことができるのは大阪府ならではと言えます。365日24時間の体制で相談・サポートしてくれるので心強いでしょう。

(関連情報)
火葬式・家族葬なら ! 大阪あんしん葬儀【メモリアス】
memoriasu.jp
ホームページはこちら

大阪府内で行なわれる葬儀の習慣を考える

大阪府内で行なわれる葬儀、基本的にはどこの葬儀の形と変わりはないものと言えるでしょう。ですが、その中にも大阪独特と言われる習慣もあると言われます。「友引」の日、この日は友達を連れて行くと言われ、この日の葬儀を避ける所も多いのですが、大阪府内でこの日に行なわれた場合には、棺に「いまいち人形」と呼ばれるものを入れる習慣があります。

これは、その友達の替わりと言う意味を込めて、入れるものとされていると言われます。また、香典袋の水引には、一般的には白と黒が使われています。しかし、大阪府内では、黄色と白の水引が多く使われていることに気が付きます。

黒が使われない理由には、宮中で使われていた玉虫色に似ていることから、その紛らわしさを避けるために、黄色になったとも言われています。この習慣は、大阪周辺だけでなく、関西圏に広がっています。

サイトメニュー


都道府県別注目葬儀場情報


サポート情報